同僚と仲良くする方法

公開: 2021-04-29

同僚との快適な専門的関係を築くことは、チームとして働き、前向きな職場文化を作り出すための重要な部分です。 職場で、時には性格が相容れない人々の間で対立が生じる可能性がありますが、困難を克服し、同僚との生産的な相互作用を促進する方法があります。 この記事では、職場で同僚と仲良くする方法に関するいくつかの役立つヒントを紹介します。

同僚と仲良くすることが重要なのはなぜですか?

従業員が良好な人間関係を持ち、お互いに快適に感じると、職場のパフォーマンスは大幅に向上します。 オフィスで毎日同僚とやり取りする場合でも、リモートコミュニケーションを介してやり取りする場合でも、他の人との前向きな関係を築くように努力する必要があります。 職場でのあなたの行動は、他の人の模範を示し、チームの全員が仲良くなるように促すのに役立ちます。

同僚と仲良くする方法

同僚と仲良くして仕事の経験を向上させるためのヒントをいくつか紹介します。

良い聴衆になる

同僚と仲良くするための最も効果的な方法の1つは、彼らのアイデアに耳を傾けることです。 同僚が意見や考えを共有しているとき、積極的な聞き取りは尊敬とサポートを示すことができます。 尊敬され理解されていると感じる人々は、多くの場合、見返りに敬意を表して親切になります。 同僚がどのように扱われることを好むかについて一定の境界を共有している場合は、彼らの要求を覚えてそれに応じて行動するように最善を尽くしてください。

他人の個人的なスペースを尊重する

特にオフィススペースを他の人と共有する場合は、同僚の個人的なスペースと財産を尊重することが重要です。 同僚から物資を借りたり、机の上のアイテムを移動したりする前に尋ねてください。 また、オフィスで会話するときは、数フィートの距離を保つ必要があります。 文化によっては、職場でのやりとりについて異なる期待を抱いていますが、米国では、職場での適切な身体的接触は、時折の握手だけです。

味方をしないでください

同僚がお互いに対人関係の対立を持っているときは、味方しないようにしてください。 同僚を孤立させたり、グループ内の緊張を高めたりすることなく、懸念を表明することができます。 中立を保ち、ゴシップへの参加を拒否することで、周囲の人々の尊敬を得ることができます。 あなたの同僚は、あなたがオフィスの噂に参加しないことを信頼できることを高く評価するでしょう。

あなたの仕事に集中する

同僚と仲良くするための素晴らしい方法は、仕事をうまくやることに集中することです。 人々はしばしば一生懸命働き、質の高い仕事を生み出すことに専念している人々を尊重します。 チームと緊密に連携する場合、自分の仕事の質が他の人の仕事を導く可能性があります。 あなたがあなたの各タスクにコミットし、あなたの仕事を完了または修正するために他の人に頼らないとき、あなたの同僚はおそらく感謝するでしょう。

良好な動作をモデル化する

職場で見たい行動をモデル化することで、同僚との前向きな関係を促進できます。 同僚に整頓された環境を維持してもらいたい場合は、まず、組織のスキルと清潔さを定期的に示すようにしてください。 良い行動をモデル化することで、同僚に貴重なチームワークスキルを教えることもできます。

期待を設定する

同僚との期待を設定することは、チームとうまく連携するための重要な部分になる可能性があります。 失望や恨みの感情を避けるために、同僚に各チームメンバーに公平で平等な作業負荷を割り当てるように勧めることができます。 プロジェクトのステータスについて知るために同僚と定期的にチェックインする必要がある場合は、全員が合意できる明確なタイムラインまたは定期的な会議スケジュールを設定します。

オープンにコミュニケーションする

同僚と定期的かつ直接コミュニケーションをとることは、あなたが自分の仕事に専念し、それが他の人にどのように影響するかを意識していることを示しています。 質問される前に最新情報を提供し、同僚が言及している重要なトピックをフォローアップします。 オープンなコミュニケーションの一環として、メッセージに迅速に対応し、正直で建設的なフィードバックを提供します。

感謝の気持ちを示す

同僚と仲良くするもう1つの方法は、彼らの仕事と時間に定期的に感謝を示すことです。 同僚がプロジェクトを正常に完了したとき、または会社のコアバリューを示したときは、祝福してください。 多くの人が同僚から賞賛を受けることを高く評価しており、あなたの意見に耳を傾け、あなたのアイデアを検討することをいとわないでしょう。 多くの場合、あなたが定期的に褒め称え、元気を取り戻す同僚は、あなたや他の人と交流するときに、より良い態度を取ります。

ヘルプを提供する

仕事に余計な時間があれば、同僚の基本的な仕事を手伝うことを申し出てください。 彼らは主なタスクを実行するのに最も資格のある人ですが、管理作業や事務処理の助けを歓迎するかもしれません。 チームプレーヤーになり、同僚の仕事をサポートすることで、同僚と仲良くなる可能性が高くなります。

積極的な意図を想定する

同僚との関係は友情よりも深刻な口調であることが多いため、同僚の口調を解釈するのが難しい場合があります。 人々は仕事でプロになろうとしているので、常にあなたの同僚が前向きな意図を持っていると思い込んでください。 あなたの同僚は、彼らが他の人とどのように相互作用するかに影響を与える彼ら自身のストレス要因を仕事で持っているかもしれません。 あなたの同僚に可能な限り疑いの利益を与えることはまた彼らにあなたをよりよく知る機会を与えます。

境界を維持する

仲良くするのが特に難しい同僚がいる場合は、いつ、どのようにやり取りするかについて、いつでも境界を設定できます。 同僚の行動が専門的ではないと感じた場合は、自分の境界を説明し、行動の変化を丁寧に求めることができます。 仕事の残りの部分をより楽しむために、困難な同僚とのやり取りを制限することができます。

調停を依頼する

仕事に深刻な影響を与えるような方法で同僚と仲良くすることができない場合は、会社の誰かに調停を依頼することを検討してください。 あなたのマネージャーは、同僚との対立を仲介したり、一緒にうまく機能していない人々を別のプロジェクトに再割り当てしたりするための優れたリソースになることができます。

履歴書の作成についてサポートが必要な場合は、データに裏打ちされた履歴書ビルダーを使用してください。