就職の面接に身に着けてはいけないもの

公開: 2021-04-29

インタビューに身に着けてはいけないもの| ヒント| Resume.com

クイックナビゲーション

  • 面接のためにプロの服装が重要なのはなぜですか?
  • 面接に着てはいけないもの
  • 面接の衣装を見つけるためのヒント

面接で良い印象を与え、何を着てはいけないかを理解することで、求人のチャンスを増やすことができます。 面接で着る服は通常、採用担当マネージャーに影響を与えるため、プロの服装を選ぶことが重要です。 この記事のヒントに従って、次の面接で着用しないものについて詳しく学んでください。

面接のためにプロの服装が重要なのはなぜですか?

あなたが就職の面接のために専門的に服を着るとき、あなたはあなたが彼らと彼らの時間を尊重することを雇用主に示します。 あなたの服はあなたが面接している仕事に直接関係していないかもしれませんが、それでも面接官のあなたの認識に影響を与える可能性があります。 清潔できちんとした服を着ると、採用担当マネージャーが求めるような整理された整頓された外観が得られます。

あなたの服装はしばしばあなたの性格を反映しています。 面接中に自分の個性をアピールしたいのですが、面接の衣装を選ぶときに従うべき一般的なルールがいくつかあります。 適切なバランスを見つけることは、面接に焦点を合わせたまま、前向きな印象を与えるのに役立ちます。

面接に着てはいけないもの

面接で着用を避けるべきアパレルは次のとおりです。

アクセサリーが多すぎます

面接にあまりにも多くのアクセサリーを身に着けることは避けてください。 指輪、ブレスレット、ネックレスが多すぎると、見た目が忙しくなる可能性があります。 同様に、大きなアクセサリーや明るいアクセサリーは気が散ることがあります。 控えめなジュエリーやアクセサリーを数個だけ選んでください。

強い香り

強い香りはインタビュアーの気を散らす可能性があり、多くの人は香水やケルンの特定の成分にアレルギーがあります。 フレグランスを一緒に着るのを避けるか、最小限に抑えて、インタビュアーがあなたの答えに集中できるようにすることができます。

派手な服

派手な服装は、面接の場では場違いに見えることがあります。 あなたの服の残りの部分が控えめでない限り、明るい色や大きなパターンは避けてください。 たとえば、ネイビー、ブラウン、またはブラックのブレザーの下に明るいシャツやブラウスを着ることができます。 きつすぎる服装も避けてください。

カジュアルな服装

会社のドレスコードがカジュアルな場合でも、プロの服装でポジティブな印象を与えるのが最善です。 Tシャツ、ショートパンツ、スニーカー、トレーニング服は避けてください。 パーカー、スウェットシャツ、そして言葉が書かれた服もクローゼットの中に置いておくのが一番です。

採用担当マネージャーからビジネスカジュアルの服装が可能であると通知された場合は、カーキまたはチノパン、ボタンダウンシャツまたは素敵なブラウス、ブレザーまたはセーターを選ぶことができます。 ビジネスカジュアルのネクタイは必要ありませんが、良い印象を与えることができます。 シャツを襟までボタンで留めたり、トップボタンのボタンを外してカジュアルに見せたりできます。

ヘッドホン

面接への通勤中にヘッドホンを装着して音楽やポッドキャストを聴く場合は、建物に入る前に必ずバッグに入れてください。 ヘッドホンを首にかけると、気が散ってしまうことがあります。

過度のピアスや入れ墨

一部の伝統的な雇用主は、ピアスが少なく、入れ墨が見えない候補者を好む場合があります。 可能であれば、入れ墨を覆う服を着て、インタビュアーが話し合いだけに集中できるようにします。 控えめなイヤリングを複数セット着用しないでください。また、スタッドやリテーナー用に他のピアスを切り替えてください。

年代物の服

時代遅れの服は、候補者が彼らの業界でも時代遅れであるように見える可能性があります。 大きな肩パッド、プリーツパンツ、幅広の襟付きのジャケットなど、著しく古くなった服は避けてください。 トレンチコートやフィット感のあるダークカラーのストレートレッグパンツなど、決して時代遅れにならないクラシックなアイテムを着ることができます。

サンダル

面接にはいかなる種類のサンダルも着用しないでください。 職場でサンダルを履かないことはビジネススタンダードであり、ほとんどのカジュアルなオフィスでさえこの履物に対する規則があります。 ほとんどの状況では、革またはスエードのつま先の近い靴が最適です。

汚れたまたはしわのある衣類

汚れやしわのある衣服は、候補者を混乱させているように見える可能性があります。 汚れは、面接中に気を散らすこともあります。 家を出る前に、衣服に汚れやしわがないか調べることが重要です。 衣装を試着すると、スポットに気付くのに役立ちます。 汚れが目立ちやすいので、なるべく薄手の服装は避けてください。

穴のある服装

専門家ではないように見える可能性のある穴やパッチのある服を着ないでください。 靴に穴や過度の摩耗がないか確認してください。 必要に応じて、前夜に靴を磨いたり掃除したりしてください。

体に合わない服

自分に合わない服装は不快感を与える可能性がありますが、面接では心配する必要はありません。 面接の前夜にしばらく服を着て、快適に過ごせるようにしてください。 あまり履かない靴を履く予定の場合は、自信が持てるまで歩き方を練習してください。

帽子

どんな種類の帽子もあなたのインタビューの衣装の一部であってはなりません。 通勤中に帽子をかぶっている場合は、建物に入る前に必ず帽子を脱いで鞄に入れてください。 帽子をかぶると髪の毛の見た目が変わる可能性があるので、面接当日は帽子をかぶらないようにしてください。

アンケンプヘア

髪の毛が絡まったり乱れたりすると、まとまりのない外観になります。 あなたの髪があなたの顔の大部分を隠している場合、インタビュアーはそれが気が散るのを見つけることができます。 必ず髪をとかすか引き戻して、顔の毛をきれいに整えてください。

足首または運動靴下

足が見える足首の靴下は着用しないでください。 また、運動靴下は避けてください。 座って足を組むときに足を覆う靴下を見つけましょう。 靴やズボンと同じ配色の靴下を履くのが最善ですが、明るい色や模様のある靴下を履いて色を点滅させることもできます。

携帯電話

建物に入るとすぐに携帯電話を見えないようにしてください。 離れるまで、サイレントまたはオフになっていることを確認してください。 レセプションにいるとき、または面接が始まるのを待っているときに何かしたい場合は、最終的な準備のために尋ねたいメモや質問を確認してください。

面接の衣装を見つけるためのヒント

良い面接の服を見つけるためのいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 手頃な価格の店で新しい服をチェックしてください。 カジュアルなドレスコードがある、またはユニフォームを着用する必要がある仕事に応募する場合は、多くのプロの服装は必要ないかもしれません。 プロの面接服が1つか2つだけ必要な場合は、価格帯の範囲内で店内の服を探してください。 さらに節約するために売上を検索することもできます。
  • ヴィンテージショップやリサイクルショップを検索します。 古着屋やリサイクルショップには、面接に着ることができるクラシックな服がよくあります。 また、別のアイテムを選択して、すでにお持ちのよりモダンな衣料品と組み合わせることができます。
  • 服を借りる。 クローゼットの中に何も持っていない場合、プロの衣装を借りることができるかどうか、友人や家族に尋ねてください。 新しい服を買うことがあなたの予算にないならば、これは良いオプションでありえます。

面接の衣装を探すときは、着てはいけないものを覚えておいてください。

履歴書の作成についてサポートが必要な場合は、データに裏打ちされた履歴書ビルダーを使用してください。